ダーツ裏ワザ術!ちょっとカッコイイシャフトが折れたときの対処法!

ダーツをしているとよくシャフトが折れてしまうことありませんか?

そんな時に役立つ、ちょっとした裏技テクニックをお教えします。

---スポンサーリンク---

シャフトはダーツが刺さらなかった時や、ダーツを抜くときに落としてしまったりするときに折れてしまうことってよく折れてしまいます。

そしてシャフトが折れるとバレルの中にねじ山部分が埋まってしまって取れないことがよくありますよね?

こんな時、皆さんどうしますか?

店員さんに頼んで専用の道具を使ってとってもらうと思います。

でも実は、簡単に取り出せる方法があるんです。

シャフト取り出しの裏技テクニックです

この裏技テクニックにはどうしても必要な道具があります。100円で購入可能なものです。

なんだと思いますか?

答えは

「ライター」

です。

どういうことかは手順とともに解説していきます。

ライターを使ったシャフトが折れたときの対応方法

手順① 折れたシャフトをライターであぶる

シャフトをライターであぶって溶かしていきます。ライターの火はシャフトに直に当てても問題ないのでガンガン燃やしましょう。

手順② シャフトが溶けてくるのでバレルに垂らす

バレルに埋まったねじ部分とシャフトを接着するためにたらします。

ここでの目的は埋まったねじ部分と溶かしたシャフトをくっつけることです。そのため、たらしながらシャフトとねじ部分が接着していることを確認してください。

手順③ シャフトとねじ部分が固まったことを確認して回します

ねじ部分と溶けたシャフトがくっつくのでシャフトをまわしていきます。

ねじ部分とシャフト部分がくっついているため、埋まったねじ部分を取り出すことが可能です。

まとめ

いかがでしたか?

いつもは店員さんにやってもらっていた作業だと思いますが、ちょっとした工夫で自分でやることができるんですね。

もし、ダーツバーでかわいい女の子のシャフトが折れたら試してみてくださいw好感度アップ間違いなしですw

最速でAフラになりたい人必見

広告

---スポンサーリンク---

コメントを残す