プロのフォームを学ぼう!フィル・テイラー編!(世界最強ダーツプレイヤー)

ダーツのプロのフォームを学んでいきましょう。

今回は世界No1といわれるフィルテーラーさんです。

---スポンサーリンク---

まずはフィルテイラーさんがどんなプレイヤーなのか確認しておきましょう。

フィルテイラーさんとは?

冒頭でも記載しましたが世界No1のダーツプレイヤーといわれています。

世界ではソフトダーツよりもハードダーツの方が一般的ですが、ハードダーツで長年活躍しているプレイヤーです。

そのすごさは9ダートフィニッシュが多いことからも立証されています。
※9ダートフィニッシュとは501を9本で上がること。如何に20トリプルに入れ続けているかがわかります。
しかもハードダーツはソフトダーツよりも的が狭い中・・・

フィルテイラーさんのフォーム

9ダートフィニッシュを1試合で2回達成した動画です。

注目してほしいのが、トリプル内ですら刺す位置を投げ分けていますよね。
ダーツが邪魔して他のダーツが刺さらないことを避けるためですね~

解説

これほどダーツが宙を切り裂いている人はいないのではないでしょうか。
どんな特徴のあるフォームなのかを解説していきます。

 回転するダーツ
ハードダーツプレイヤー(ソフトダーツの人も回転はかかっていますが)であればほぼみんなが強い回転がかかった状態でダーツが飛んでいきます。

このフィルテイラーも例外ではないですね。

この強く回転がかかった状態でダーツは飛ぶためダーツの飛びがライジングボールのように飛んでいくのが特徴かなと思います。
ダーツが垂直に飛んでいくためボードへの刺さり方が垂直に刺さっていますよね。

垂直に刺さることで他のダーツを邪魔しなくなります。

 効き目が左である
フィルテイラーは利き目が左のためダーツを左目を基準にして構えて投げています。利き目左の選手はこのように左目で照準を合わせて投げるのが一般的である、と言われているのでフィルテイラーもその例にもれません。

というか、世界No1のフィルテイラーですのでフィルテイラーの投げ方がすべての基準といってもいいかもしれないですね(笑)

 ぶれないフォーム
当たり前といえば当たり前かもしれないのですが、体がぶれることが一切ありません。

一切ありませんとは語弊があるのかもしれないですが、本当にぶれることがないように感じます。

簡単に言ってしまいましたが、これってすごいことですよね。

まとめ

いかがでしたか?

おそらくダーツの理想的なフォームがフィルテイラーじゃないかなと思います。
変にアレンジが加わっているわけでなく、狙いを定めてまっすぐ投げるという非常にシンプルなことを正確に行っているフォームですね。

ダーツの基本はすべてフィルテイラーにあり、なんて気がしてきてしまいます。

一応、どんな人に向くフォームなのかを考察しておきます。

 フィルテイラーさんのフォームが合う人
以下のような人に向いているかなと思います。

  • ダーツ初心者でフォームが定まってない人はお手本に!
  • ダーツの飛びをよくしたく回転をかけたい人
  • 特に利き目が左の人はセットアップの参考になる

いきなりフィルテイラーのようにはなれないですが、基本を基本のまま投げているフォームなので誰でも参考になるフォームだと思います。

とはいえ、ダーツの投げ方は人それぞれなので無理にフィルテイラーさんに合わせる必要はないといえばないです。

ダーツAフラに最短でなる方法

⇒最短で基本を身につけAフラになる方法

最速でAフラになりたい人必見

広告

---スポンサーリンク---

コメントを残す