プロのフォームを学ぼう!村松治樹編!

ダーツのプロのフォームを学んでいきましょう。

今回はたくましいトッププレイヤーの「村松治樹」さん通称「HAL」さんです。

---スポンサーリンク---

まずは村松治樹さんがどのようなプレイヤーなのかを確認しておきましょう。

村松治樹さんとは?

日本の団体における協議会での年間王者などは獲得していませんが、間違いなく日本のトップに位置するプレイヤーです。

SUPER DARTSでは2011年に準優勝、2013年のJAPANでは上位16名により行われるEXTRA STAGEで優勝という実力者ですね。

また、ハードダーツでの活躍も素晴らしく日本代表として何度も世界と戦っています。

村松治樹さんのフォーム

解説

やはり村松選手もハードダーツを主に戦ってきただけあってダーツの鋭さがあると思います。

 回転するダーツ
橋本選手の時にも書きましたがハードダーツ出身ということでダーツに回転をかけて飛ばしています。

ハードダーツはダーツがボードに刺さるときの角度ですら重要になってくるのでよりシビアな競技です。そのため、回転をかけて飛ばすことでボードへの刺さり方が非常に安定するわけです。

 腕を折り曲げて伸ばすだけ
本人がインタビューの中で答えていたのですが、腕を折り曲げてそのまま伸ばすだけを意識しているそうです。

つまり自然体で投げようという意識が強いっていうことでしょうかね。

ただ、これは練習量に裏打ちされたフォームが出来上がっているため、ともいえるかもしれません。あとは、いつでも練習通り、いつも通りに投げれるということが村松選手の最大の強み何でしょうね。

 よく伸びたフォロースルー
フォロースルーが非常にまっすぐに伸びていることが動画からもわかるのではないかと思います。

特に本人は意識しているわけではないようですが、自然に折り曲げた手を自然に伸ばした時に手が伸びているという感じなのでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

村松選手は橋本選手と並びハードダーツ出身者であり、日本最強との呼び声が高い選手です。
フォームはきれいに見えますがやはりダーツに回転をかけているため、ソフトダーツ初心者プレイヤーが安易に真似するのは危険な気もします。

そこでどんな人に向くフォームなのかを考察しておきます。

 村松治樹さんのフォームが合う人
以下のような人に向いているかなと思います。

  • ダーツの飛びをよくしたく回転をかけたい人
  • フォロースルーで腕を伸ばしたい人

日本最強ともいわれるプレイヤーですので真似したくなる人も多いかと思いますが、安易に真似するのは危険です。
フォーム自体はきれいですがダーツに回転をかけるように最適化されたフォームなので回転が必要ないと思う方(ソフトダーツメイン)は、この点は留意した方がいいでしょう。

また、ダーツのフォームは人それぞれに合ったものがあり、プロのフォームが絶対に正解ということはありません。

ダーツをどのようにアレンジし投げているのかを参考にするのがよいでしょう。

ダーツAフラに最短でなる方法

⇒最短で基本を身につけAフラになる方法

最速でAフラになりたい人必見

広告

---スポンサーリンク---

コメントを残す