プロのフォームを学ぼう!勝見翔編!

ダーツのプロのフォームを学んでいきましょう。

プロの方といっても様々なフォームですので、何人か見ていきたいと思いますが、今回は「勝見翔」さんです。

---スポンサーリンク---

まずは勝見翔さんがどのようなプレイヤーなのかを確認しておきましょう。

勝見翔さんとは?

SUPERDARTSの2010年王者です。

また、2012年にはJpanというプロリーグ戦でも年間王者に輝いています。2013年2014年もトップ10入りしているトッププレイヤーですね。

勝見翔さんのフォーム

※あまりよいスロー動画がなかったです・・・ひとつは勝見さんのダーツ教材のプロモーションビデオですね・・・

ちなみにダーツ教材が気になる方は以下から公式ページに飛ぶことが可能です。

⇒勝見翔さんのダーツ上達教材の公式ページはこちら!

解説

勝見翔さんのフォームですが独特ですね。個人的にあまりきれいなフォームだとは思えないんですよね。また、これまで紹介してきた他のプロプレイヤーの方に比べてダーツの飛びもよくない(失礼)ように感じています。
※勝見さん、ならびに応援しているファンの方、すみません。

ただ、やはり日本一を獲得しているトッププレイヤーですから実力は抜群です。勝見さんの強さはメンタルだと思うんですよね。ここで突き放せる、勝負を決められる、っていうところで驚異の集中力/勝負強さを発揮しています。

少しフォームからは離れた話になってしまいましたね。フォームに戻ります。

 極端に手首を返した鋭いフォーム
勝見さんのフォームはセットアップから少しひじごと上に動いているように見えるのではないでしょうか。一見安定しないんじゃないかと思われるかもしれませんがひじの位置がずれているわけではありません。
※2つめの動画だとわかり易いと思います。

ひじが上がっていくように見える理由としては、手首をものすごく折り返したフォームだからです。手首を思いっきり曲げる過程でひじが上がるというか、後ろに引くのと同時に自然に上がっているんですね。そのため、ダーツを投げる際の軸がぶれているわけではありません。

 最後まで腕を伸ばしきるフォロースルー
あとは、セットアップとフォロースルーも特徴がありますね。セットアップは少し高めからで、フォロースルーはきっちりと腕を伸ばしきっています。

まとめ

いかがでしたか?

勝見さんの投げ方は少し独特なので初心者の方がイメージしているようなダーツの投げ方とは異なるかもしれません。ではどんな人にお勧めのフォームか考えていました。

 勝見さんのフォームが合う人
以下のような人に向いているかなと思います。

  • 手首のスナップを聞かせたイメージで投げたい方
  • ダーツを的の上から投げるイメージの方
  • フォロースルーを重視したイメージの方

ただ、毎回プロフォーム解説記事の中で述べていますが、自分が自然にダーツを飛ばせるフォームが理想ということを忘れないでください。

プロのフォームから学ぶのはダーツの基本部分がどのように使われているかです。基本とは自然なフォームで一定に投げられることです。

ダーツAフラに最短でなる方法

⇒最短で基本を身につけAフラになる方法

最速でAフラになりたい人必見

広告

---スポンサーリンク---

コメントを残す