プロのフォームを学ぼう!星野光正編!

ダーツのプロのフォームを学んでいきましょう。

プロの方といっても様々なフォームですので、何人か見ていきたいと思いますが、今回は炎の皇帝の異名をもつ「星野光正」さんです。

---スポンサーリンク---

まずは星野光正さんがどのようなプレイヤーなのかを確認しておきましょう。

星野光正さんとは?

えぐちょさんの時にも登場したSUPERDARTSというダーツライブ主催の大会の第二回と第三回の王者です。

また、PERFECTというプロリーグ戦では2007年(初代)2008年、2010年、2011年の王者です。日本で最も有名なダーツプレイヤーかもしれません。

星野光正さんのフォーム

解説

こちらの動画はスローの様子をスローで流してくれているので(おやじギャグじゃないですよ)フォームを見やすいかもしれません。

 リズムプレイヤー
えぐちょさんのフォームの時にで解説しましたが、星野光正さんはソリッドプレイヤーというよりはリズムプレイヤーですね。えぐちょさんの場合は、セットアップで静止し狙いを定めてダーツを投げるのに対して、星野さんはテンポよく投げていきます。

 軸のブレない鋭いフォーム
この動画は要所要所で線を引いてスローにしてくれるため、軸がぶれていないのがよくわかると思います。また、リリースポイントについてもどのあたりかがよくわかりますね。おおよそ、腕とひじの角度が90度になる手前あたりがリリースポイントになっており、ブルの高さの上のラインをダーツが飛んで行っています。

ダーツが非常に鋭く飛ぶ投げ方なので見ていてカッコイイですね。

あとは、ちょっとした癖もよくわかると思いますが、ダーツを投げる前にダーツをまわしているんですね。これは技術的なものではなく、タイミングなどを計っているんでしょうかね?

まとめ

いかがでしたか?

星野さんのフォームはテンポよくダーツを投げるスタイルです。常に一定のリズムで投げているので本当に狙っているのか?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、動画の通りぶれずに正確なスローを実現しています。

星野さんのフォームは非常に鋭くカッコよく見えると思いますがどんな方に向いたフォームなのかを少しまとめてみます。

 星野さんのフォームが合う人
以下のような人に向いているかなと思います。

  • ダーツの飛びがあまり良くなく飛びをよくしたい
  • セットアップで止まらずにテンポよく投げたい
  • 現在の投げ方で軸がぶれてしまう

ただ、えぐちょさんのフォーム記事でも書きましたプロのフォームに固執する必要はありません。自分が自然にダーツを飛ばせるフォームが最もよいのです。

プロのフォームから学ぶのはダーツの基本部分がどのように使われているかです。恰好だけ真似して基本を忘れては意味がなくなります。

ダーツAフラに最短でなる方法

⇒最短で基本を身につけAフラになる方法

最速でAフラになりたい人必見

広告

---スポンサーリンク---

コメントを残す