ダーツで伸び悩むのはなぜ?伸び悩むときのチェックポイント3点!

ダーツをやっていて伸び悩むこれは誰でもぶつかる壁です。当サイトの記事の中でも何度かご紹介していますが、私はレーティング5で伸び悩み10000ブル達成したときにもレーティング5の状態でした。

気になる方は以下の記事を参考にしてみてください。

⇒私の伸び悩みと上達の歴史はこちら!

今回は、伸び悩みの原因と対処方法についてチェックポイント形式で考えてみたいと思います。

---スポンサーリンク---

伸び悩む原因は技術的な観点とメンタル的な観点のどちらもあるかと思います。ではどんなところに気を付けたいでしょうか。

伸び悩むときにチェックポイント

N912_atamawokakimushiru-thumb-815xauto-14355

  • うまくなろうと焦っていないか?(メンタル)
  • フォームが崩れていないか(技術)
  • 正しく練習できているか(技術)

それほど特別なことを言っているわけではないのですが、どれか当てはまる部分があるのではないでしょうか。

まず、メンタル面ですがうまくなろうと焦っている、レーティングを上げようと焦っているなんてことはないでしょうか?レーティングを上げようと焦るあまり、ダーツを投げる時にリラックスして投げられていない可能性があるんじゃないかな、と思います。

伸び悩みに最大の要因は、このメンタルにあるのではないかと私は思います。私自身、やっぱりレーティングが上がらない、下がるとモチベーションは下がりましたし、何とか上げようと焦りが出ていました。

こんなメンタル面の話は以下の記事に詳しく書いているので是非参考にしてみてください。

⇒レーティングが下がる、伸びないときのメンタルの持ち方はこちら!

残り2点は技術的なところです。技術的な部分は人により症状はことなると思いますし、一概にこれがダメというのがない難しい部分です。ただ、技術的な部分については正しく基本を理解して投げられているか、練習方法はどうかというところを再度見直してみるのがいいのかな?と思います。

実は基本に忠実にやっていたつもりでも、独学のアレンジが入りよくない効果を出してしまっている、なんて可能性は0ではないと思います。伸び悩んでいるときこそ、ダーツ初心者の気持ちで練習するのがよいのかな、と。

ただ、基本って言ってもいろいろな人がいろんなことを言いますし、おそらく当サイトで述べていることと違う意見を持っている方も多くいらっしゃるかと思います。では、そんな時にどうするのかといわれると何か信じる者を複数持たないことが良いのではないかと思います。

いろいろな意見やいろいろな情報を自分にインプットしてしまうことで、混乱を招く可能性があるからですね。この点についても以下の記事で私が壁を越えたきっかけと、Aフラまで最短で上がるための方法を少し考えて記事にしているのでよければ参考にしてみてください。

⇒最速最短でAフラになるには?伸び悩みを解消するきっかけは?

まとめ

いかがでしたか?

改めて書いてみると過去当サイトで述べてきたことをまとめたような記事となってしまいました。伸び悩みは誰でも経験することですが、焦らず自分が信じれるものを見つけて、それに従って練習するのが伸び悩み解消の早道ではないかと思います。

最速でAフラになりたい人必見

広告

---スポンサーリンク---

コメントを残す