ダーツゲーム説明!クリケット(cricket)のルールを覚えよう!

クリケットのルールをご説明していきます。

01に並ぶ定番対戦ゲームなのでぜひルールを覚えておきましょう。

---スポンサーリンク---

基本ルール

ラウンド数 20
勝敗 得点の多い方
最大対戦人数 4

解説

クリケットのルールは少し複雑です。陣取りゲームのようなイメージをしてください。

すべての陣地を取り、かつ得点が相手よりも高ければ勝ちになるゲームです。

クリケットの陣地は決まった数値になっていて、15~20とBULLが陣取りの対象です。
以下のオレンジに囲まれている部分ですね。
※スタンダードクリケットの場合

【クリケットの陣取り対象】
クリケット説明

各数値に3回(ダブルは2回分、トリプルは3回分)入れると自分の陣地となり
自分の陣地になった数値へ再度入れると自分の得点になります。

自分がとった陣地に相手も3回入れるとその陣地はクローズ(あてても意味がなくなる)されます。

何回あてたかは以下のようなマークで表現します。

マーク説明

少し難しいと思うので以下の例に従って確認していきましょう。

【スタンダードクリケットの対戦例を見る】

・プレイヤー1が先行
・オレンジがプレイヤー1の投擲
・緑がプレイヤー2の投擲

1ラウンド

クリケラウンド1

プレイヤー1は20をクローズしたと同時に得点も取りに行き計6回分で20の陣地と60点を手に入れています。

プレイヤー2は20の陣地がとられているため19の陣地を狙い
計3回分で19の陣地を手に入れました。ただ、得点はまだ取れていません。

次回19にあてると得点になります。

ラウンド2

クリケラウンド2

プレイヤー1はプレイヤー2に得点を取らせないように、19を1投目でクローズに行きました。
見事成功したので次に18、17も同時にクローズし自分の陣地を拡大しました。

ちなみに、異なる3つのトリプルに当てることをWhite Hose(ホワイトホース)
と呼んだりするので覚えておいてよいでしょう。

プレイヤー2は17~20の陣地をプレイヤー1にとられてしまい、
さらに得点も負けているので新たな陣地を獲得しようと16を狙いましたが、
1投しか入りませんでした。

ラウンド3

クリケラウンド3

プレイヤー1はプレイヤー2に16の陣地をとられないように、
16の陣地を狙い見事に1投でトリプルに当て成功。
15の陣地も狙うが2本どまりとなってしまいました。

得点がほしいプレイヤー2は15の陣地を狙いすべて15のトリプルへ!
得点では逆転に成功します。

ちなみに、すべて同じトリプルに入れることを
3 in the bedと呼ぶのでこれも覚えておきましょう。

ラウンド4

クリケラウンド4

プレイヤー1は得点を逆転されてしまったため、得点を再度逆転狙いで、
自分の陣地である20を狙い逆転に成功しました。
その後、プレイヤー2の陣地である15もクローズし残るブルを狙い、
見事インブル(黒い部分)に入れています。

お見事。

ちなみに、インブルは2回分のカウントです。

プレイヤー2は残されたブルを狙い得点逆転を目指します。
ブルに見事3投とも入れますがすべてシングル(赤い部分)のため、
陣地獲得のみで得点にはつながりませんでした。

ラウンド5

クリケラウンド5

プレイヤー1がブルに入れてゲーム終了です。
すべての陣地をとった、かつ得点で上回っているからです。

いや~、非常にハイレベルな戦いでしたが一方的な展開になってしまいましたね。

まとめ

いかがでしたか?

クリケットは定番ゲームですが戦略性のあるゲームです。

陣地をとるのか、得点を伸ばすのか、など頭も使うので非常に難しいゲームですね。

私はダーツの中でクリケットが一番楽しいな、と思っています。

みなさんも定番ゲームのクリケットを楽しんでいきましょう。

最速でAフラになりたい人必見

広告

---スポンサーリンク---

コメントを残す