ダーツケースの種類と選び方!初心者のためのダーツ道具講座!

ダーツケースの種類と選び方です。

---スポンサーリンク---

ケースは人それぞれ好みがわかれます。特にダーツのプレイに影響するものではないので選び方のポイントなどはないですが、どんな種類があるのか簡単に見ていきましょう。

ケースの種類って?

大まかにわけるとすると「コンパクトタイプ」「腰掛タイプ」「セッティングしたまま持ち歩けるタイプ」というようなくくりですかね。

コンパクトタイプ

コンパクトですが必要なものは大方入るものが多いです。

ダーツケースにいれておきたいものは

・バレル
・シャフト(予備を含め)
・チップ(呼び含め大目に持っておく)
・フライト(呼び含め)
・カード

あたりですが、コンパクトでも十分に収容できます。

腰掛タイプ

私の中では美容師さんの道具入れというイメージです。

こちらの方が入る容量は大きいですが、その分少しかさばるものが多いですね。

ただ、カッコよいデザインのものは多いかもしれません。

セッティングしたまま持ち歩けるタイプ

フライトを外すのが面倒!なんて方に向いていますね。

ダーツをプレイできる状態でしまっておくことでひと手間省けます。

たかがひと手間ですが、省けるは魅力的な商品だと思いますw

管理人が利用してるのは?

コンパクトタイプをお勧めします。

私の場合ですが普段持ち歩くカバンがそれほど大きくないので、小さめのタイプの方が何かと便利でした。

少し大きめのもの買ってみたことはあるのですが、カバンに入れると非常にかさばり使いにくかったんですよね。

ちなみに、私の愛用品はこんな感じです。
※古いのでもう売っていなそうですが・・・

画像1

ダーツケース2

画像2

ダーツケース

まとめ

ケースはプレイに影響を与えるものではないのでデザインや使い方を考えて好きなものを選ぶのが良いと思います。

悩んで選べない!という方にはコンパクトで容量も十分なものをお勧めします。

あとは、豊富な品ぞろえのオンラインショップを覗いてみるのも面白い気はしますね。
※種類のところの例の画像はオンラインショップの商品から持ってきています。クリックするとその商品に飛べるので気になった方は見てみても面白いかもしれません。

⇒オンラインショップはこちら!

最速でAフラになりたい人必見

広告

---スポンサーリンク---

コメントを残す