グルーピングを極めよう!初心者のためのダーツ上達練習方法!

ダーツ上達の秘訣はグルーピングです。

はじめのうちはどうしても真ん中(ブル)に当てたい、ブルに当たれば何でもよいと思うかもしれませんが、ブルに偶然ではなく狙って入れれるようになるためにはグルーピングできているかが、初めの一歩といってもよいかもしれません。

---スポンサーリンク---

まずは、グルーピングってどういうことを言うのかから確認しておきましょう。

グルーピングとは?

一点にダーツが集中することです。

ダーツは1ラウンド3投で行われるので3本が同じところに固まって刺さっていることをいいます。

以下のようなイメージですね。

グルーピング

なぜグルーピングが重要なのか?

グルーピングできているということは3投とも同じように投げれている証だからです。

ダーツがうまくなるということは、毎回同じように投げれるということを意味していますからね。

実践の例ですと、例えば01!

ブルを3投狙っていくのが基本となりますがグルーピングできていれば2投、3投とブルに当てれる可能性が上がりますよね?

練習方法は?

グルーピングの練習なのでどこを狙ってもよいですがお勧めはブルではないシングルを狙うことをお勧めします。

なぜブルを狙わないかですが、ブルを狙うとどうしてもブルに当たったかそうでないかを気にしてしまうからです。
ブルは刺さった時の音も違いますし意識してしまうんですよね。

また、ブルよりもシングルの方が的が大きいのですからね。

いくらグルーピングの練習をしているといっても、自分が狙ったところに当たらなければイライラしますよね?

ブルよりシングルの方が大きいので狙ったところに当たらない可能性が減少します。

まとめ

いかがでしたか?

練習方法の1案としてご提示させていただきました。

絶対のこの練習方法をしなければならない、というわけではありませんが狙ったところに当てられるようになる前に、グルーピングを意識した練習ができると上達が早くなると思いますので参考にしてみてください。

最速でAフラになりたい人必見

広告

---スポンサーリンク---

コメントを残す