20シングルを極めよう!初心者のためのダーツ上達練習方法!

練習方法の一例のご紹介です。

左右にダーツがばらけてしまう方向けの練習方法となります。

---スポンサーリンク---

ダーツの初心者の練習はグルーピングができるようになることを意識してどこを狙ってもよいのですが、私のお勧めは20シングルを狙うことです。

まず20シングルがどこのことだか確認してみましょう。

20シングルはセンターライン

20シングル
見ての通りど真ん中です。

画像を使わなくてもわかるって?

そうですよねw

20シングルをお勧めする3つの理由

お勧めする理由が3点あるのでそれぞれご紹介していきます。

①センターである

センターであることにより自身の腕の振りがまっすぐだったのかを確認することが可能です。

20からずれるということがまっすぐに腕が振れていないことの証ですからね。

もちろん狙いがずれているとか、立ち位置がずれているとかの要因の可能性は否定できませんが、一つの指標になるはずです。

②上段に位置している

ダーツを上に飛ばす癖がついていきます。

上に飛ばす癖がつくと何が良いかというと、腕の振りが上向きになり易いんですね。

ダーツを投げる際に、みなさんそれほど意識していないと思いますが、投げおろすことって基本的にはありません。

なぜなら、ダーツボードの方が自分の投げる位置よりも高いからですね。

ただ、下段を狙っていると無意識に投げおろすイメージがついてしまいます。

その点、20シングルは上段にあるため然とダーツを上へ投げる意識がついていくんですね。

③お金

何を言っているかわからないかもしれませんねw

練習の際みなさんは何のゲームをするでしょうか?

多くの人がまず思い浮かぶのがカウントアップではないですか?

でもよく考えてください。

カウントアップって8ラウンドしか投げられません。これって損ですよね?

そのため、同じ100円ならクリケットとか1501とかで練習することをお勧めします(ハッピーアワーでないといけないですけどね)

同じ1ゲームで多くのラウンドを投げられますからね。

これは別に20シングルじゃなきゃいけないというわけではありません。

ただ、クリケットで20シングルを狙っていれば周りから見ても自然ですよね?

まとめ

いかがでしたか?

20シングル狙いでダーツを上へ投げる意識をつけつつグルーピングの練習をしていくと非常に効果的です。

初心者のみならず、伸び悩んでいる人、特に左右にダーツがずれる人にお勧めしたい練習法です。

最速でAフラになりたい人必見

広告

---スポンサーリンク---

コメントを残す