正しいスロー(リリース)を覚えよう!初心者のためのダーツ講座!

ダーツの基本であるスロー(リリース)について解説していきます。

スローはダーツのもっとも基本に当たる部分ですので是非正しくマスターしたいですね。

---スポンサーリンク---

まずスローとは何を指しているのかを確認しましょう。

スローとは?

端的にいうとダーツを投げる動作です。ただ、腕を引くところをテイクバックと呼んでいるので、その後の工程のことをスロー/リリースと呼びます。

スロー/リリースがきれいにできるとダーツをカッコよく投げれますし、何より正確に飛ばすためには欠かせない工程ですのでしっかりマスターしましょう。

正しいスローとは?

スローには大きく分けると2種類があります。「スイング型」「プッシュ型」です。それぞれの特徴と注意したいポイントを確認していきましょう。

スイング型

ひじを視点にしてまっすぐに振り下ろすような投げ方となります。基本的にはひじは固定して腕だけをまっすぐ振るので正確性を保ちやすい投げ方です。

スイング型で注意したいポイントは以下となります。

 テイクバックで気を付けたいポイント

  • ひじがぶれていないか
  • 狙いに対してまっすぐの軌道で腕を振れているか

テイクバックで意識する点と共通的な部分が多いですがそれぞれ解説していきます。

 ひじがぶれていないか
ひじから上の腕の振りでスローを行うので、ひじがぶれてしまうと正確性を失うことになります。ひじを起点とした投げ方となる、ということを意識できるとスローのイメージがわきやすく正確になると思います。

 狙いに対してまっすぐの軌道で腕を振れているか
狙いに対してまっすぐに腕を振る、という点はテイクバックとも共通です。狙いに対して一直線に腕を振ることで常に一定のふり幅、狙いをつけれるようになっていきます。

プッシュ型

リリース後にひじから上を突き上げるような投げ方のことをいいます。ダーツを押し出して投げるイメージを持ってもらえるとわかり易いかと思います。

この投げ方はスイング型と違い腕や肩やひじの連動が非常に重要になるため、正確なスローを行うことが難しい投げ方です。ただし、テイクバック(腕を後ろに折り曲げる)が少しアバウトでもスローの時の腕やひじや肩などの微妙な調整でコントロールしやすい投げ方ではあります。

ただ、プッシュ型は初心者の方にはあまりお勧めできません。

スイング型が投げにくいという方は、少し押し出すようなイメージをつけつつ投げてみて安定するかを試していって、結果的にプッシュ型の方がよい、となる分には好いと思いますが、初めからプッシュ型を選択することはないかな、と思います。

まとめ

いかがでしたか?

基本的には常に正確に投げるために気を付けたいポイントをあげているので、テイクバックと共通している部分が多くなってきます。

また、初心者の方であればまずはスイング型で取り組むのが正確なダーツを投げる近道になると思います。どうしても、スイング型では投げにくいという方がプッシュ型を視野に入れて取り組んでいきましょう。

ただし、ダーツは自然体に近く投げれることが理想です。あくまで初心者が取り組むなら最初はスイング型がおすすめというだけであって、形にとらわれる必要はありません。

自然に投げれる自分のスタイルを見つけていきましょう。

正しいリリースを学んだら次はリリースポイントについてです。

⇒初心者のためのリリースポイント講座はこちら!

最速でAフラになりたい人必見

広告

---スポンサーリンク---

コメントを残す