ダーツでひじがぶれる!治らない!そんな方に勧めたい2つの解消術!

ダーツをしていてひじがぶれていると指摘を受けたことなんてありませんか?もしくはよく同じような方向にダーツが飛び、ひじがブレているのではないかとお悩みの方もいらっしゃるかと思います。

私自身、ひじが左右にぶれるというのは初心者の頃たびたび指摘されてきました。

そこで今回はひじがぶれる時の対処方法について経験談からお話ししていきたいと思います。

---スポンサーリンク---

まずはひじがぶれることについての影響ですが、簡単に言ってしまえば狙いがずれる原因になります。ぶれることにより、狙ったときと違う位置から投げることになるので、深く考えなくてもなんとなくイメージできるかなと思います。

ダーツは基本的にはひじから上を振り子のようにまっすぐ振りぬくので、ひじがぶれてしまうというのはなるべくやめたいんですね。

ひじがぶれる時の対処方法

ひじがぶれるといっても上下にぶれるのか左右にぶれるのかで症状は違ってくると思います。
まず左右にぶれる場合ですが、狙いが左右にずれやすくなりますよね。すみません。当たり前すぎですね。

左右にぶれていると気づくきっかけは様々でしょうが、人に指摘される、自分で狙いが一定の方向にずれていることに気づくなどがあげられると思います。ぶれていることでおそらく、一定の方向にずれて飛ぶということが多いのではないかと思うのですが、こんな時はどうしたらいいでしょうか。

 セットアップ位置を変えてみる
 壁際で素振りをしてみる

こんな対処はいかがでしょうか。

セットアップ位置を変えてみる

もし、あなたがひじがぶれているがほぼ一定のずれであるのであれば、セットアップの位置を変えてみることで解消できるかもしれません。一定の方向にずれているのであれば、同じように投げられているという証拠となります。その場合、無理にひじのぶれをなくすのではなくセットアップで工夫してみるというのも一つの手ではないかと思います。

ただ、この場合少しデメリットがあるので注意してください。

それはセットアップ位置をずらすことでダーツとボードの距離が長くなる可能性があり、狙いにくくなるかもしれません。ダーツを狙うときセオリーは一直線上の最短距離に構え狙うことが良いといわれています。そのため、このセオリーに反することにはなります。

ただ、あまりにもずれが気になりフォームを悪戯に崩して、訳が分からなくなるくらいならこの方法は有効ではないかと思います。

壁際で素振りをしてみる

もしくは、壁際で素振りをしてぶれることを強制的になくすという方法です。これはフォームの改善ですね。よく昔バーの店員に、投げる腕の端が壁だと思って投げるとまっすぐ投げれるよといわれました。

この応用で、自宅等で強制的に壁際で素振りをしてみて腕のわきに壁があることを常に意識できるようにしてしまおうという狙いです。壁があれば腕がぶれるということは強制的にできなくなるので、効果はあるのではないかと思います。

まとめ

いかがでしたか?

ぶれを改善する方法として2つの案をご提示させていただきました。もちろん、これが必ず正解というわけではありませんが、ひじがぶれて狙いが定まらないなんて悩み解決の一つの手段になるのではないかと思います。ぜひ参考にしてみてください。

最速でAフラになりたい人必見

広告

---スポンサーリンク---

コメントを残す