正しいフォロースルーをマスターしよう!初心者のためのダーツ講座!

ダーツの基本であるフォロースルーについて解説していきます。

---スポンサーリンク---

まずフォロースルーとは何を指しているのかを確認しましょう。

フォロースルーとは?

ダーツのリリース後の動作のことを指します。投げ終わりの手がどのような動きになっているかのことですね。

ダーツを投げ終わった後の動作なので個人的にはダーツの正確性に影響を与えるものだとは思いませんが、フォロースルーをある程度決めておくことで常に同じように投げられているか確認の指標にはなります。

正しいフォロースルーとは?

正しいフォロースルーというのは特にないかもしれません。というのも、上記の通りフォロースルーは投げ終わりの動作であり、投げ終わった後の動作がダーツの飛ぶ先に影響を与えないからですね。

とはいえ、ダーツを投げる一連の動作の一つですのである程度決まりを作っておくことは重要です。決まりを作る上での確認ポイントをあげたいと思います。

 フォロースルーで気を付けたいポイント

  • 自然になっているか
  • 狙いに対してまっすぐ腕が振れているか

それほど大したことは書いていませんが、それぞれ解説していきます。

 自然になっているか
例えば投げ終わった後に無理やり腕を伸ばすなどやっていないでしょうか。一定の決まりを作っておくことは大切ですが、無理にスローしていては意味がなくなってします。

フォロースルーはダーツを一定に正確に投げるための指標とはなりえますが、あくまでも指標です。テイクバックやリリースが正確であることが重要であることを頭に入れておきましょう。

そして、フォロースルーを決めたばかりに不自然なスローになったり、変に力が入るのであればやめた方がよいです。

 狙いに対してまっすぐ腕が振れているか
狙いに対して垂直に腕が振れていれば、フォロースルー後の腕と狙いが一直線上にあるはずです。あくまでもテイクバックとリリース、リリースポイントが正確かどうかがダーツを正確に投げるポイントですが、左記が正しくできたかどうかを測る指標としてフォロースルーは活きてきます。

まとめ

いかがでしたか?

フォロースルーはダーツの一連の動作の中でそれほど重要視しなくてもよい部分かと思っています。ただ、フォロースルーの形を決めることで逆に一定の形で投げらるという人もいるため、練習していく中でうまくいかないときは、フォロースルーを決めてイメージしながら投げてみると壁を超えるきっかけになるかもしれません。

最速でAフラになりたい人必見

広告

---スポンサーリンク---

コメントを残す