ダーツでレーティングを上げるコツは?覚えておきたい2つのポイント!

やはりダーツのレーティングは上げたいと思うのがダーツプレイヤーの気持ちですよね。では、どうやったらレーティングが上がるのかを考えてみたいと思います。

もちろん、皆さんが思う当たり前のことばかりかもしれませんが、私なりにレーティングが上がるにはどういう条件が必要で、何がレーティングアップの邪魔をしているのかを考えてみたいと思います。

---スポンサーリンク---

レーティングとはダーツのうまさの指標です。主流のダーツライブだとレーティングは18が最高とされていますがレーティング18になるのはトッププロでも難しいですね。もちろん、トッププロであれば狙えばなれると思いますが。

もちろんレーティング18になるための方法など私にはわかりませんが、初心者~初級者の間にレーティングを上げるコツを私なりに考えたので参考にしてください。

レーティングを上げるのに邪魔する要素

まずレーティングを上げるのを邪魔する要素についてお話しします。レーティングって数値で表されますが数値が出ると人間のメンタルを多少なりとも左右してしまいますよね。やっぱり数値は高くしたいという思ってしまいますから・・・

ただ、レーティングが数値で表されるというところに罠が潜んでいると私は思います。レーティングを上げたくてこんなことをしていたら正に罠にかかっている証拠です。

  • 自作自演でレーティングを上げるようにしている
  • レーティングを上げたいからクリケットで得意なところだけを狙っている
  • 失敗したらキャンセルしてしまっている

思い当たることあったでしょうか。

自作自演とは一人で二人プレーをしてレーティングを上げるような行為です。これって意外とやってる人いるんじゃないかなと思います。なぜなら、人が少ないダーツバーでやっている人を結構見かけるんですよね。

クリケットについては一層思い当たる人いませんか?正直これは私も当てはまります(笑)どうしても、苦手なところを避けて得意なところを狙ってしまいます。もちろん、レーティングを上げたいからというよりは勝負に勝ちたいから入るところを優先して狙ってしまう、なんですけどね・・・

最後のはあまりいないと思うんですが、キャンセルしてやり直すってこともできますからね・・・

もし、ここに書いてあるようなことに当てはまったら注意が必要です。レーティングを上げるためにダーツをしてしまっているということですからね。

これって本来の意味とは逆だと思いませんか?

ダーツのレーティングはあくまでもダーツのうまさを指標にしたものであり、うまくなれば自然と上がっていくというのがあるべき姿です。それにも関わらず、レーティングを上げることを目的にダーツをしてしまっていては・・・
逆にダーツ上達の妨げになりかねないと思います。

なぜなら、数値にとらわれてダーツを上達という目的の優先度が下がっているからですね。
また、数値にとらわれることでプレーの際にプレッシャーをかけていませんか?

レーティングを上げる2つのポイント

nayami

ここまで読んでいただければなんとなくポイントはわかるかと思いますが、私が思うレーティングを上げるポイントはこれです。

accept
・レーティングのためにダーツをしない
・目の前の数値にとらわれるのではなく技術アップを目的とする

偉そうなことを言いましたが、ものすごくシンプルで当然のことを言っています。でもレーティングの本質はダーツがうまくなれば自然と上がるもの、です。

ただ目の前に数値が現れることでこれを忘れてしまうことがあるんですね。でも急がば回れです。本質から磨くことでレーティングは上がっていきます。

少し違った例を出すとダイエットと似たようなものだと思いませんか?食制限で頑張って痩せたって、少し気を緩めればすぐに戻ってしまいますよね?

本当に痩せたければ運動や本当の意味での食改善をして代謝を上げたりする体質改善が必要です。

ダーツも同じで一時的な数値にとらわれてレーティングを上げたって、本当のうまさは身についていないのですからすぐに落ちてしまいます。むしろ数値にとらわれてダーツを楽しめなくなってしまう可能性だってありますよね。

まとめ

いかがでしたか?

すごくシンプルなことしか言っていませんが、ダーツの基礎技術を磨いてダーツ上達することがレーティングアップの近道です。焦らずにコツコツとダーツの練習をしていきましょう。

最速でAフラになりたい人必見

広告

---スポンサーリンク---

コメントを残す