ダーツ初心者でもブルに簡単に入れるコツは?覚えておきたい2つの心得!

ダーツといえばブルに当てたときの気持ちよさが最大の魅力といってもいいかもしれません。

ただ、初心者のころはブルに入れられずにイライラしてコツがないかなって考えたりしますよね?
今回は、そんな初心者のためのダーツのブルに入れるちょっとしたコツをお話ししたいと思います。

---スポンサーリンク---

まず最初に述べておきますが、今回お話しするコツは裏ワザ的な方法でもなければ、飛躍的にブルに入るようになるようなわけではありません。
なぜなら、ブルに多く入れられるようになるには、やはりうまくなるしかないからです。

「3秒でブルに入るようになるコツをお教えします!」なんて言えたらいいのですが、たぶんこの世にそんなコツは存在しませんしあったら私が教えてほしいです(笑)

とはいえ、少しでもブルに入れたいという方のためにブルに入れるためのちょっとした工夫をお教えします。

ブルに入れるコツ

 ブルを狙わない


 

39897487-ダーツの目標ブルに入れるコツなのに意味が分からないかもしれませんね。

もちろん、全く狙うなといっているわけではなりません。狙わなければ投げられませんからね。
ただ、みなさんこんなこと感じたことありませんか?

「から投げでは入るのにゲームが始まると入らないな・・・」

これにはやはり原因があってブルに入れたいという気持ちが強いがために、ブルを意識し自然と力が入ってしまっているんですね。から投げの時はリラックスした状態で投げられているのでブルに入るのにゲームが始まると微妙な力加減がくるってしまいブルに入らなくなってしまっているんです。

そのため、ブルを狙うなというのがブルのコツというよりは、ブルを狙いすぎるながブルのコツですね。

 ブルの的は実は大きい


ブルとシングルブルのコツというよりはブルの大きさですね。
当サイトで別の記事でもご紹介していますが、実は案外ブルの大きさってシングルと変わらないんです。

この画像を見てもらえばわかる通り(計算して作っているので大体あっているはずです)大きい方のシングルとさほど変わらないと思いませんか?いや、変わるだろという方もいるかと思いますが、自分がシングルを狙うときのことを想像してみてください。

シングルを狙おうと思ったら、ちょうどブルの大きさの範囲を狙っていないでしょうか。わざわざ端っこに狙いを定める人はいませんよね?

こう考えるとブルを狙うのもシングルを狙うのも大きな差はないんです。

そう、つまりブルのコツとはシングルを狙うつもりでブルを狙ってしまえばいいんだよ、ということです。

まとめ

ブルのコツといっても大したことは言っていないじゃないかと怒られそうですが、私が思うブルのコツなのでご容赦ください。

ただ、ダーツは数センチを争う競技なのでやはりメンタル面や些細なずれが結果を左右します。そういった意味でメンタルを楽にすることがすぐにできる(?)ブルのコツなのではないかと考えています。

メンタル強化がコツといっても、そっちの方が難しいよという方もいらっしゃるかもしれませんが、技術と並行してメンタルも鍛えていくとダーツ上達の早道だと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

最速でAフラになりたい人必見

広告

---スポンサーリンク---

コメントを残す