正しい利き目を把握しよう!初心者のためのダーツ講座!

利き目の知り方について説明していきます。

ダーツと利き目の関連性がよくわからないという方もいるかもしれませんが、ダーツを正確に投げるためには利き目を知り、利き目に合わせた投げ方が重要になってきます。

---スポンサーリンク---

まずは利き目が何なのかを確認しておきましょう。

利き目とは?

利き目という言葉を初めて聞いた人もいるかもしれませんが、それほど難しいものではありません。

利き手や利き腕と同じで、どちらの目が主に使われている目かということです。

それほど意識したことがある人はいないと思いますので、確認方法を紹介していきます。

利き目の確認方法は?

以下の手順で確認できますので、是非やってみましょう。

今回の例はダーツボードを使って説明していきますが、ダーツボードでやる必要はありません。

鉛筆とかを使って実践してもよいです。

ステップ1 遠くの一点を見つめよう

今回の例ではブルを見つめてみましょう。

一点を見つめる
注意してほしいのが近づきすぎないでください。

近くなればなるほど、以降の工程のステップ2や3がわかりにくくなってしまいます。

ダーツボードであれば普段のスローラインから見る分には特に問題ありません。

ダーツボードでないもので試す場合も少し離れたところから見てみましょう。

ステップ2 同じ場所を見つめながら左目を隠しましょう

左目を隠す、つまり右目だけで見た場合どのように見えるでしょうか。

もし、両目で見た場合とほとんど変わらなければ右目が利き目である可能性が高いです。

ずれて見えた場合は左目が利き目である可能性が高いです。

次のステップで最終確認しましょう。

ステップ3 今度は右目を隠しましょう

今度は左目で見た場合です。

今度は右目で見た場合と比較してみましょう。

より両目で見たときに近い方の目が利き目ということになります。

利き目がどっちかのまとめ

利き目
この例だと右目が利き目ということになります。

利き目を知ってどうなるのか?

ダーツを狙うときのテイクバック~フォロースルー(腕の振り)の際の合わせる視点の基準となります。

詳しくはテイクバック~フォロースルーの記事で述べますが、ダーツはいつも同じように投げるというのが基本になります。

そのため、腕を振る位置や立ち位置などすべていつでも一緒なのが理想形なんですね。

利き目は狙いを定めて腕を振る(テイクバック)の際に利き目に合わせて投げるようにするのが基本なので知っておく必要がでてきます。

まとめ

いかがでしたか?

利き目など普段意識したことがなかったかもしれませんが、ダーツでは重要な要素の一つとなります。まだどちらが利き目かわからない人、ダーツを始めたての方は早めに確認することをお勧めします。

正しい利き目を把握できたらいよいよダーツのグリップについて学んでいきましょう。

⇒初心者のためのグリップ講座はこちら!

最速でAフラになりたい人必見

広告

---スポンサーリンク---

コメントを残す