ダーツのマナーとは?初心者でも覚えておきたい5つのポイント!

みなさんダーツを楽しんでいるでしょうか。

楽しいダーツですが一歩間違えると周りのお客に迷惑をかけている、なんてことになりかねないので最低限守りたいマナーについて記載していきます。

---スポンサーリンク---

私が思う最低限守っておきたいマナーについてあげていきたいと思います。

 最低限守りたいマナー

  • 相手がスローする際にスローラインより前に立たない
  • くわえ煙草でプレーしない
  • から投げし過ぎない
  • 野球投げをしない
  • 不利になったからといって投げ出さない

こんなところでしょうか。あくまで最低限のレベルです。

 相手がスローする際にスローラインより前に立たない
自分がスローするときの考えてください。スローラインの前に立たれたら邪魔ではないでしょうか。

相手の集中力を乱すような行為は避けましょう。

 くわえ煙草でプレーしない
明らかにマナーが悪いですよね。と言いながら私は経験ありです(笑)

ただ、酔っぱらってくわえたばこで投げようとしたところ自分の手に煙草が当たって投げれませんでした・・・。自分にも危険なのでやめましょう。

 から投げし過ぎない
から投げとはゲームを行っていない状態(お金を入れていない状態)でダーツを投げることです。

スロー前にから投げをすることは多いと思いますが、やり過ぎはマナー違反です。

プロの試合でもから投げはゲーム前に行いますが、あくまでもアップとして行っているだけですので。

また、から投げをするために他のお客さんがゲームをしていない台で投げることも、あまり良い行為とは言えません。いくら投げたいからといっても適度にしておきましょう。

 野球投げをしない
うまく投げられないからといって野球投げなどの明らかにダーツを投げる体制ではない状態で投げるのはやめましょう。

自分が投げるのだから何だっていいじゃないか、と思うかもしれませんが周りのお客さんからすればダーツを侮辱しているように見えるかもしれません。

 不利になったからといって投げ出さない
オンライン対戦でよく見かける行為ですが、自分が不利な状況になったからといって適当にやる、時間をかける、強制終了させようとする、など投げやりな行為は心地よいものではありません。

最後まできちんとなげましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ここに書いたことはあくまでも最低限のことです。人として相手が嫌がること、周りが嫌がるようなことをやらなければよいというだけですが、ついついゲームに夢中で忘れてしまう、お酒に酔ってハメを外してしまう、なんてこともあると思いますので注意しておきましょう。

最速でAフラになりたい人必見

広告

---スポンサーリンク---

コメントを残す