ダーツの筋肉痛の原因は?ダーツ初心者が悩む理由!

ダーツをしていて筋肉痛になることはあるでしょうか。私自身は始めたてのころは筋肉痛になってビックリした覚えがあります。

では、今は筋肉痛になるかというとそういうわけではありません。どうして初心者のころは筋肉痛になって今は筋肉痛にならなくなったのか少しだけ考えてみたいと思います。

---スポンサーリンク---

ダーツって筋力を利用するようなスポーツではあまりないというイメージをお持ちかと思いますが、その通りだと思います。
実際、私は物凄く貧弱な人間で177cmで体重48kgという極細体系で筋肉とは無縁ですがダーツを投げていて筋力不足を感じたことはありません。

では、この貧弱体質な私でも筋肉痛にならないのに初心者だと筋肉痛になるという理由は何なのでしょうか。

ダーツで筋肉痛になる原因は?

 ダーツになれていないので普段使わない筋肉を動かしている
 ダーツになれていないので変な部分に力が入っている
 ダーツを腕の力で投げようとしまっている

こんな原因ではないかと思います。

ダーツは基本的筋力をほとんど使わず、腕を折り曲げて倒すという最小限の力をダーツの矢に伝えることで行います。これって以前記事にした紙飛行機の飛ばし方と似ている部分だと思うのですが、紙飛行機を力いっぱいの投げるようなことをしてもうまく飛ばないですよね?

この感覚に似ているとは思います。ちなみに、紙飛行機の話が気になる方は以下の記事から確認してみてください。

⇒紙飛行機がダーツのコツ?はこちら!

つまり筋肉痛になるということは余計なところに力が入っていて起きてしまうと思うのです。

では、どのようにしたら筋肉痛にならないようになるかというと、ダーツになれて自然なフォームで投げれるようになることですね。そういう意味では、筋肉痛にならなくなったということは一歩先のステージに進んでいるといってもいいかもしれません。

今は一切筋肉痛にならずどこもいたくないのか?

実はそんなこともなくて、ダーツをひたすら投げ続ければどこか痛くなる部分はあります。昔5時間くらい投げ放題でひたすら投げたことがあるのですが、さすがに5時間投げ放題をすると体の疲れがひどかったです。

では、具体的にどこが痛かったかというと


でした。

足は重心を前にかけているので痛くなるんですね。あとは、肩ですがこれは筋肉痛というよりは肩こりです。

私はもともと肩こり持ちなのですぐに肩はいたくなるのですが、さすがに5時間投げたときは肩こりが半端なかったです。未熟だったせいもあるかもしれないですけどね。

まとめ

いかがでしたか?

筋肉痛は初心者のうちになり易い現象かなと思いますが、慣れるとだんだんなくなってくると思います。早く筋肉痛にならないようになりたい、と思うならダーツを上達するしかないかな~と。じゃあ、ダーツ上達するためにはどうやったら早いの?ということは以下の記事に書いているのでよければ参考にしてみてください。私的意見ですが。

⇒最短最速でダーツが上達する方法はこちら!

最速でAフラになりたい人必見

広告

---スポンサーリンク---

コメントを残す