ダーツはチャラい趣味なのか?なぜチャラいといわれるのか考察まとめ!

ダーツはモテる趣味なんて言われる一方でチャラい趣味とも言われたりします。チャラい趣味といわれると少し心外な気がするんですけどね。

正直、私はチャラい趣味だとは思わないのですがなぜそのように言われるのか少し考察してみたいと思います。

---スポンサーリンク---

世界トップのフィルテイラーを見てチャラいかどうか判断してもらいたいな~って思うのは私だけでしょうか。フィルテイラーが実際にチャラくないのかどうかはわからないですが、チャラくないとおもうんですけどね(笑)

それはさておき考察していきます。

なぜチャラい趣味といわれるのか?

いくつか原因はあると思うのですが、以下あたりが原因ではないでしょうか。

 お酒を飲みながら楽しめる
 夜バーで遊べる
 プレイヤーの中には派手目な人もいる

基本的にはダーツバーというくらいなのでお酒がつきものみたいな印象が世間の中にはあるのではないかと思います。それにダーツバーは夜中も営業していることも多く、なんとなく夜のイメージがあるのかもしれません。

ダーツは誰でも手軽にできますし、みんなではしゃぐというのも一つの楽しみ方ではあります。お酒が入りみんなで騒いでいるところを見るとなんとなくチャラいと思われるのかもしれません。

また、ダーツプレイヤーの中には少し派手目の人もいるのは事実です。ただ、これはダーツの世界に限った話ではなくどの世界にだって派手目な人はいると思うんですけどね。

ではダーツバーに集まるダーツが趣味の人はチャラいのか?

nayami

正直チャラチャラした人の方が少ないと思うんですよね。チャラチャラした人の定義があいまいなので何とも言えないですが、ダーツバーに通う人たちは真面目にダーツをやっている人が多いので、世間一般的にいうようなチャラいとは離れていると思います。

もちろん、なんとなくチャラいな~って人もいるですけど、どこの世界に行ったって、それこそ会社の中にだってそういう人はいると思いますので、特にダーツが趣味だからといってチャラいというわけではないと思うんですよね。

それに、ダーツをしている人はサラリーマンの人も多くいますので、普通に会社帰りのスーツ姿でダーツを楽しむ人だって大勢います。

まとめ

ダーツはチャラい趣味なのかという疑問にはNoと自信をもって答えてたいというのが私の意見です。

皆さんどう思いますか?

ただ、少なからずチャラいというイメージが世の中にあるのも事実だとは思うので、それは少し残念なところです。別に気にする必要は特にないと思いますしダーツが好きな人は好きなようにやればいいと思います。

最速でAフラになりたい人必見

広告

---スポンサーリンク---

コメントを残す