ダーツ初心者の目標Aフラ!いったいどれくらいの割合でAフラなのか?

初心者のころはやはり一つの目標がAフラですよね。ではAフラの割合ってどれくらいなのだろう?と考えたことはないでしょうか。

実はネット検索してもわからなかったので私の経験則からどれくらいかな?というところを考えてみました。もちろん、正解かどうかはわかりませんが一つの目安として考えてみてください。

---スポンサーリンク---

まずはAフラってなんだか一応復習しておきましょう。

Aフラとは?

レイティング表
©dartslive

この表はダーツライブのものですがレーティング10以上がAフラになります。シングルはほぼ外さない、ブルは1ラウンド1.5本程度の実力ですね。

じゃあ、Aフラの割合はどんなものなのか?

レーティング10をうまいというかそうでもないというかは人それぞれでしょうが、一般的にいえば「うまい」といっていいでしょう。ダーツが狙ったろころから大きく外れるなんてことはまずないですからね。

ただ、Aフラがダーツを本格的に取り組んでいる人の中でうまい方なのかというと、なんとも言えない気もします。
それは割合の話にものなるのですがダーツでAフラの人の割合ってこんな感じかなって想像します。

ダーツをやったことがある人でダーツライブのカードを持っている人:50%
ダーツライブのカードを持っていてAフラ以上の人:30%
ダーツライブのカードを持っていてノーアクティブな人:30%

こんなもんではないでしょうか。

要はアクティブにダーツをしていてAフラ以上の人は半分弱くらいいるんじゃないかな?という気がしています。
なぜこのように感じているかというと、ダーツライブカードの機能のグループ機能で見ているとAフラの人の割合多いな!って感じるからですね。

もちろん、私が入っているグループがすべてではないですし、そんなに社交的ではなないのでそれほど多くのグループに属しているわけではないのですが、むしろAフラの人の方が多くないか?っていう気がするんですよね。

とはいえ、ダーツ人口の50%×30%くらいなので15%くらいなのではないかというのが私の予想なのでAフラはうまい人といっていいと思うんですよね。

アクティブの半分くらいがAフラなら誰でもAフラになって当たり前なの?

nayami
こんな疑問を持ちますよね。

これは、何とも言えませんが私自身はAフラが簡単だとは思えません。レーティング5で上達が止まりかなり苦労した人間ですからね。詳しくは以下の記事なんか読んでもらえると、あーこいつセンスないなってことがわかるかと思います。

⇒私のダーツ上達の歴史はこちら!

とはいえアクティブの半数がAフラなんて言われるとAフラに早くなりたいな、なんて思ってしまいますよね。Aフラになるにはそれなりに練習は必要ですし、ある程度コツも必要だと思います。また、練習の過程もうまくやらないと最速でAフラにはなれないと思うんですよね。

歴史を見てもらえればわかると思いますが、10000ブル達成しても私はレーティング5だったので(笑)

じゃあ、最速でAフラになるにはどうしたらいいのかというと、詳しくは以下の記事に書いていますので参考にしてみてください。簡単にいうと正しい指導を受けるってことですね。

⇒最短・最速でAフラになる方法はこちら!

まとめ

Aフラの割合が本当にどれくらいなのかはわかりません。

あくまでも私の推測なので全然違うなんて可能性もあるんですよね。すいません。

ただ、私がダーツをしていて思うのはAフラの人って結構いっぱいいるな~ということで、特に大衆的ではないダーツバーに行けばAフラの人って必ず存在しています。なので、そんなに外れていない推測なのではないかと思っています。

最速でAフラになりたい人必見

広告

---スポンサーリンク---

コメントを残す