初心者のうちにダーツ用語を覚えよう!基本用語一覧まとめ!

基本的な用語のまとめです。

知っているだけで少しダーツがうまくなった気分になれるのでチェックしておきましょう。

---スポンサーリンク---

ではどんどん並べていきます。

2015年7月14日追記
以下、原則ダーツライブ基準で記載しており、フェニックスと異なる点については補足で書かせていただいています。

HAT TRICK(ハットトリック)

ダウンロード (3)
©dartslive

ブルに3本刺さった時ですね。通称「ハット」ですね。

これを合コンで出したらモテモテです(笑)

THREE IN THE BLACK(スリーインザブラック)

images (3)
©dartslive

インブル(黒い部分)に3本刺さった時ですね。最も出にくいものですね。

通称「ブラック」ですかね?(私はそう言ってる)

あまり見かけないので・・・(笑)

2015年7月14日追記
読者様にご指摘いただきました。

フェニックスではPHOENIX EYE(フェニックス・アイ)となります。

誤った情報を流してしまい申し訳ありません。

LOW TON(ロウトーン)

str_lt
©dartslive

101点以上の点数を出した時です。100点ピッタリだと出ないです。通称「ロウトン」ですね。

2015年7月14日追記
読者様にご指摘いただきました。

フェニックスでは100点ピッタリでもLOW TONとなります。

こちらも誤った情報を流してしまい申し訳ありません。

HIGH TON(ハイトーン)

ダウンロード (4)
©dartslive

151点以上の点数を出した時です。あれっ、ハット以外で150点だとLOW TONだよね?出したことなかったのでそういえば確かめたことがなかったですが・・・

通称「ハイトン」ですね。

2015年7月14日追記
読者様にご指摘いただきました。

フェニックスでは150点ピッタリでもHIGH TONとなると思います。※未確証

こちらも誤った情報を流してしまい申し訳ありません。

WHIT HOSE(ホワイトホース)

ダウンロード (5)
©dartslive

クリケットで各投擲、違うナンバーを3マークした時にでます。注意したいのは3マークという点です。トリプルに入れるのはもちろんなのですが、相手の陣地かつ自分が1マークor2マーク状態でトリプルにあててもホワイトホースにはなりません。

通称「馬」ですね。

THREE IN THE BED

images (4)
©dartslive

どこかのダブルもしくはトリプルに3投すべてが刺さった時に出ます。トリプルだけと勘違いしがちですが実はダブルでもOKです。

通称「ベッド」ですね。

TON 80

images (5)
©dartslive

20トリプルに3本差した時ですね。180点の意味でTON 80です。通称「トンパチ」ですね。

まとめ

いかがでしたか?

基本のダーツ用語ですのでしっかり覚えておきましょう。自然に言葉が出てくるとダーツをやってる人に見えますしね。

最速でAフラになりたい人必見

広告

---スポンサーリンク---

2件のコメント

  • ジャンボ

    ブログ村から失礼します。

    たぶん、ハットやブラック以外で150点なら、ロートンのアワードで大丈夫ですね。
    今度、カード通さないで指押しして確認してみようかなと思いますけど(笑)

    で、ライブだとそれで良いですが、フェニックスだとビミョーに変わります。

    大体は同じなんですが、ブラックは『PHOENIX EYE(フェニックス・アイ)』と名称が変わり、ロートンは100点からカウントされるようになります。

    まぁ、D-1やらGalaxyとかはどういう基準になっているのかは自分もわかりませんが。

  • みのる

    ジャンボさん

    ご愛読並びに指摘ありがとうございます。

    フェニックスであまりプレーしないので、気づかなかったです・・・
    フェニックスでブラック(フェニックスアイ)出したことないので見たことなかったですねw

    記事の方も訂正させていただきますね。
    ありがとうございました。

コメントを残す